読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸マイラーの海外修行にSIMフリー携帯電話は必要?

携帯電話 SIMフリー 海外 SIM 海外旅行 陸マイラー

SIMフリー携帯電話で現地SIMを使う?

海外旅行には Wifi だけじゃ不安!と思っている Sio_ikzk です。海外旅行の時に空港で Wifi ルータを借りて行く方も多いと思いますが、最近は SIM フリー携帯電話があれば現地でSIMを買ってそれを使うということもできますよね。あるいは、日本で契約している携帯電話会社(以下キャリア)の海外プランを使うという方もいらっしゃるでしょう。キャリア携帯電話のプラン、Wifi ルータと SIM フリー携帯電話、どちらがより便利なんでしょう?私の体験したことから考えてみたいと思います。

f:id:Sio_Ikzk:20160308140509j:plain
( 2016年3月に猫村として有名な猴硐を訪れた時の写真です。この日は暑くて外に出ている猫は少なめ、外にいても日陰で伸びている猫多数でした。なので駅を出たところにある猫のオブジェを撮ってみました。©️ 2016 Sio_Ikzk

追記:猴硐猫村のガイドはこちらです。
www.taipeinavi.com

レンタル Wifi ルーター の強みと弱み

日本語で契約できるのはやはり便利

日本で借りられる Wifi ルーター、最近ではお得なものも多くて使いやすくなりました。日本で契約できるというのが最大の強みですね。海外で面倒なことはしたくない、という人には便利なサービスですね。

overseas-mobile.com

でも陸マイラー的にはどうなんでしょう?修行中でも修行じゃなくても海外にいてもせっせとポイント貯蓄活動をしたい人に Wifi ルーターは使えるでしょうか?

実はデータ通信の容量に上限が設けられてる

例えばある Wifi ルーターレンタルサービス(ってリンクに名前出ちゃってますが)、実は直近 3 日で 400MB の上限が設けられています。

www.globaldata.jp

「400MBなんて使いきれないよー!」という人は全く問題ありません。
問題ありなのは、私のように大量のデータ通信を行う人ですね。

ポイントサイトは意外に画像データが多いし、裏でサーバとのやりとりが発生していたりで、目安となるデータ量を超える可能性があります。そんな時に美味しい案件を逃したら悔しい!って思うかもしれない人には、もしかしたら、レンタルのWifi ルータでは足りなくなる可能性が無きにしも非ず…大丈夫かもしれないけど、やはり安全策は講じておいて損はないかなと思うのでした。

ざっくりと台湾香港の SIM 事情

台湾の旅行者用SIMは超快適!

台湾に旅行した時のこと、実はSIMフリーの携帯電話と日本のキャリアの両方を持って行ったんですね。現地のSIMを買ってSIMフリーの携帯電話に入れて使ってたのですが、旅行者用のSIMはデータ通信は基本無制限(もちろん、極端な使い方をすれば制限されますよ)かつ爆速でした。かなりいい感じです。

一方、日本の携帯電話のデータプランは制限ありの上に、私が泊まった付近の電波状況が悪く、あまり使えませんでした。

台湾に限って言えばSIMフリーの携帯電話やタブレット、自前の Wifi ルータを持って行って現地の旅行者用SIMを買うことを強く強くお勧めします!

香港の旅行者用SIMもなかなか快適。だけど…

香港でも旅行者用SIMを空港で買ってみました。参考にしたブログはこちらの2つ。姉御さんもShimajiroさんもアジアの携帯電話事情に詳しいです。

anego-skyscraper.com
香港CSLのプリペイドSIMカードを試す – インターネットが24時間HK$18・3日間HK$ 38で割安

データ通信に使用量の上限はあるのですが、普通なら旅行者用のSIMで十分かと思われます。そのときは2泊だったのでいくら私でも大丈夫、そう思っていたのですが…

気をつけよう、恐怖の旅先での Windows アップデート

自前の WIfi ルータにうっかり Windows パソコンを接続したまま寝てしまい、起きたらSIMの制限を超えたらしく、うんともすんとも言わなくなってしまいました。どうやら Windows アップデートが動いていたらしく、えらいことに…しかも途中で失敗したっぽい。おかげで規定のデータ通信量を超えたため、制限がかかったようでした。海外でパソコンを繋げたまま寝るのはやめましょう… Windows アップデートも手動に切り替えておいた方が無難です。基本的なことがすっかり頭から抜けてました。反省。
(Mac は許可なくアプデが動いたりしないようになってるので、こんなことはならなかった…)

深水埗の SIM 屋台へ行ってデータ通信無制限の SIM を買う。

音声電話は使えなくてもデータ通信が使えないのはかなり痛い私。やむなく(こんなこともあろうかと?)日本から持って行った香港キャリアの Three HK (Hutchison Telecom のブランド)のSIMカードに差し替えてなんとかことなきを得ました。これも1日持たないかもしれないので(ほんと、使用量が多いのです。公式の大体このくらいというのが全く役に立たない。)急遽、深水埗の SIM 屋台で30日間データ無制限のものを買うことにしました。が、お目当のものを見つけた屋台では残り1枚。やむなくその店で買いました。

30天Vave無限本地儲值卡 ($298) | Vave – 21Vianet Mobile Limited

あとで見たところ、他の店より高かった模様。まあ仕方ないですね。SIM 屋台で買うときは一通り見物してから買うことをお勧めします。

結論:iPhone をSIMロック解除して(あるいは元々 SIM フリーの iPhone を)海外に持って行こう!

私がいろいろ試した範囲では、海外へ行く時には現行機種の iPhone (今なら6s, 6sPlus と 7, 7Plus ) をお持ちの方であれば SIMロック解除、あるいは Apple Store で SIM フリーの iPhone を持っていくのが一番楽かという結論に達しました。

もちろん Android スマホでもいいのですが、日本のキャリアの使う周波数限定だったりして、SIM ロック解除しても海外で使えないものも結構あります。その辺の情報は事前にキャリアのホームページで調べる必要があり、少々面倒かもしれません。一方、現行の iPhone は docomo でも au でも SoftBank でも日本で買ったものであれば同じかつ海外の携帯電話の周波数とも互換性があるところが多く、Apple Store で買った SIMフリーの iPhone ならなおよし、です。

アジアの携帯電話事情については、自分の備忘も兼ねて、まとめ記事を書いて行こうと思います。

それではまた!


↓↓↓↓↓
もし良かったらクリックしてください。ブログ更新の励みになります (^^)
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

スポンサーリンク